NEWS

- 最新情報 -

 

はんどプロジェクトのこと

気づけばもう年の瀬ですね。すっかりご無沙汰しておりますが忘れていたわけではありません。水面下で着々と動いております「はんどプロジェクト」。9月末頃には、ついに試作品第一号が焼きあがり、鳥取在住のプロダクトデザイナー・川崎富美さん(FUMI KAWASAKI DESIGN)とともに嶋田窯へ行ってきました。

IMG_1000

わたしたちがつくろうとしているのは、はんどの「植木鉢」です。
ことの発端は、YUTTEディレクター・メヅキの植物好き。YUTTEは店内にグリーンをいろいろ飾っているのですが、メヅキがこそこそ(いそいそ)と気に入った緑を仕入れては植え替えをしてきたもの。石見焼きとのつながりと、かねてからの植物好きがマッチし、長年の妄想と構想を経て、満を持して「はんどの素材を使った植木鉢」の開発に着手したのです。

YUTTEは自分たちでグラフィックやwebのデザインディレクションはしますが、プロダクトデザインは平面とはまったく異なる思考回路でつくられます。餅は餅屋、プロダクトデザイナーの川崎さんに相談しつつ図面におこしていただき、話し合いを重ねてきました。形、サイズ、釉薬の色味、植物との相性などを考え、形にしつつ素材感や使用感などの細部をつめていきます。

IMG_1007

そもそも、はんどとは石見焼きの「大甕」をさします。石州瓦と粗陶器の2つが主力商品だった当時の石見焼きの窯で、角ばった瓦以外を総称して「まるもの」とよび、さらにその中で、透明感のある白い釉薬(長石釉)のものを「白もの」赤い釉薬(来待釉)を「赤もの」とよびわけていたそうです。

わたしたちがつくる第一弾は「あかもの」。同じ来待釉でもつくられた年代や焼く温度、釉薬のかけかたなどで仕上がりに大きな違いがでます。これまでさまざまなはんどを目にしリサーチして行く中で、自分たちの中の理想的な色合いは、テカテカよりもマットなもので、新しいものより年代ものに多いと気づきました。同じ釉薬なのに、その違いは何でできるのか、どうすれば理想の風合いを出せるかを嶋田さんに相談し、釉薬のかけかたの違いを教えていただきました。

釉薬を厚くかけると艶があってテカテカ、薄くかけるとマットでやや素材感のある仕上がりになるそうです。昔は焼く前に釉薬をかける「生がけ」という作り方が多く、釉薬がうすくかかっていたためマットな仕上がりのものが多いそう。今は素焼きの状態にかけるためしっかりと釉薬がかかり、テカテカつるっとした均一な仕上がりになるとのこと。それぞれにそれぞれの良さがありますが、今回のわたしたちの希望はマット。色味のサンプルもわたし、嶋田さんにお任せしました。

もっとも悩ましいのが形でした。「はんど感」をどこに残し、どこは変化させるのか。背の高い植物に合う形、寄せ植えに合いそうな形、どんな植物を植えるかもイメージしつつ形をしぼっていきます。図面は用意してもらいましたが「ぴったりその通りにはならんよ、手作りだけん」と嶋田さん。むしろそれがいいんです!とお伝えしました。

IMG_0985

ぴったり図面通り、全部同じ色味に仕上げたいならば機械の工場へ行きます。民藝・工芸品を扱う仕事をしていますが、私たちは工業製品も好きです。手と機械、それぞれの役割があって、それぞれ活躍するシーンがあります。はんど植木鉢がめざすのはなんとなくその間。ほどよい均質さと、ほどよい手仕事の味。それをふまえての、嶋田窯さんとのチームなのです。

嶋田窯さんは昔から大物をつくる独自の技術をもつ「技」に長けていて、デザインの再現力が高く、さらにチャレンジ意欲も高い窯元さんです。そこにわたしたちの「発想」と、川崎さんの「デザイン力」、YUTTEの店舗およびつながりを生かした「発信」。それぞれがそれぞれの得意を発揮できる布陣でのぞんでいます。つくって終わりではなく、きちんと売ること。長期戦、自分たちが本当にやりたいことでないとブレがでます。初となるプロダクト開発の、想定内と想定外を楽しみながら、そして一貫して自分たちの初期衝動を大切に、まだまだ試行錯誤はつづきます。

井上

IMG_6217